めぐ王国ฅʕ•̫͡•ʔฅ

動物に囲まれて暮らすのが幸せ✩⃛( ͒ ु•·̫• ू ͒) これからはもっと動物愛護活動をしていけたらと思います♡ よろしくお願いします♪♪

奇跡的(>_<)5

b9dc512a.jpg

 
 
 
行方不明から約二ヶ月。
 
ノワが保護されましたー!
 
 
 
 
体重は4kgから2kgに減り
怪我もしていましたが、無事でした。
 
 
 
 
この二ヶ月間
たくさんの方が協力して下さり
 
 
 
 
チラシも動物病院、スーパー、
美容院、薬局、コンビニ、
町内の方々の家の塀や玄関。
 
 
 
  
たくさん貼らせて頂きました。
 
 
 
 
広い敷地を持つ
とある企業の会議でも話し合われたそうで
ノワのことを
気に掛けて頂きました。
 
 
 
 
地域の繋がりって
温かいなと思いました。
 
 
 
 
私達家族だけでは
保護することが
できなかったと思います。
 
 
 
 
みんなが諦めかけていた中、
私は絶対に見つける!
絶対に帰って来て!
と、強い気持ちを持ち続けていましたが
 
 
 
 
心配で眠れない日が
続いていて
母も私も限界でした。
 
 
 
 
保護できて
本当によかった。
 
 
 
 
動物病院での診断の結果、
 
 
 
不衛生な水とご飯の影響で、
胃の中に異物があったり
肝臓がダメージを受けているようなので
 
 
しばらく様子を見ることになりました。
 
 
 
 
さっそく母に甘えています↓
 
 
 
ガリガリでかわいそう…。
 
 
たくさん綺麗なお水を飲んで
たくさんご飯を食べて
早く元気なノワに戻ってね。
 
 
 
 
 
感謝(^人^)
 
 
 
 
Megu
 
 

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加中!




行方不明になりました。1

8dea4d0c.jpg

 
 
 
 
ティガーを連れて帰り
数日経った七夕の出来事です。
 
 
 
 
 
母からLINEが届き、
何か嫌な予感がしました。
 
 
 
 
 
開いてみると、
 
 
 
 
 
ノワが行方不明になったと
書いてありました。
 
 
 
 
え…なんてこと。
 
 
 
 
 
とてもとても悲しい
記憶が蘇りました。
 
 
 
 
過去に脱走して行方不明のままの
ヒメとその子どものトラ。
 
 
 
 
慌てて追いかけてしまい
マンションから飛び降りて
しまったシフォン。
 
 
 
 
私の心の中でずっとずっと
引っ掛かっています。
 
 
 
 
 
やっとおばあちゃんが
退院したと思ったのに
何でこうも立て続けに
色んなことが起こるんだろう。
 
 
 
 
私が後厄だから?
 
 
 
 
母から聞いた
ノワが行方不明になった時の
詳細です。↓
 
 
 
 
 
母と弟が、
ノワを予防接種のために
動物病院へ連れて行き
帰宅した時の出来事。
 
 
 
 
たまたま家の前で
ご近所さんに遭遇し、
挨拶をしました。
 
 
 
 
ノワを見たことがない
ご近所さんは、どれどれと
キャリーを覗きました。
 
 
 
 
ガタガタガタ!!
 
 
 
ただでさえ病院で
怖い思いをしたのに
また知らない人が出てきて
驚いたノワは、
キャリーの中で大暴れ。
 
 
 
 
扉が開いて逃亡。
 
 
 
 
最初は近くにいたので
そーっと名前を呼んで
捕まえようとしたそうですが、
 
 
 
 
ワンワンワン!!!
 
 
 
 
外に繋がれていた犬に吠えられ、
ダッシュで道路を渡って
雑木林に逃げてしまいました。
 
 
 
 
 
心配したご近所さん達が
集まってきて
皆で雑木林へ。
 
 
 
 
憶病者のノワは
またどこかへ行ってしまい
そのまま姿が見えなくなりました。
 
  
 
 
 
ノワは保護猫だったので
元野良ですが、
譲渡されてからは
一度も外に出たことがありません。
 
 
 
 
 
家への帰り道がわかるはずが
ありません。
 
 
 
 
 
家の中でも
いつもどこかに隠れているような
臆病な子なので、
きっとどこかでじーっと
していると思われます。
 
 
 
 
元々ノワを保護していた
保護団体の方にすぐに連絡をして
色々アドバイスをいただき、
捕獲器も借していただきました。
 
 
 
 
 
家に向かってトイレの砂を
撒いたり
家の外ににおいのするものを
置いたり
 
 
 
 
最後に目撃した雑木林に
ご飯やお水を置いていますが、
(土地の持ち主の方には
許可をもらいました)
減っていません。
 
 
 
 
気が動転している母に代わり
私がご近所さんに
チラシを配ったり
直接お願いに回りました。
 
 
 
 
チラシは弟が作ってくれました。
 
 
 
 
毎日母が探していても姿がなく、
目撃情報の電話も鳴りません。
 
 
 
 
幸い、私の実家周辺は
住宅街で車の通りも少なく
放し飼い猫はいますが
野良猫はほぼいません。
 
 
 
 
近所の方々は昔からの
顔見知しりで
一緒に心配してくれます。
 
 
 
 
 
私は見つかると
信じていますが、 
心配で眠れない日々です。
 
 
 
 
責任を感じて何度も謝りに来る
ご近所さんと、
落ち込む母を見てるのが辛いです。
 
 
 
 
 
↑行方不明になる前日
 
母とペットボトルで
遊んでいたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
ノワー!
 
 
そろそろお腹空いたでしょ? 
 
 
出ておいで。
 
 
 
みんなが心配してるよ。
 
 
 
 
 
 
Megu
 
 
 
 
 

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加中!




★ティガーようこそ★

96efe0b0.jpg

 
 
 
 
 
くぅちゃんが
おばあちゃんの元へ帰り、
くぅちゃんに費やしていた時間を
アブちゃんたちにと思っていたら
親戚から電話が鳴りました。
 
 
 
 
 
「急な仕事で家を出たので
ティガーをしばらく預かって欲しい。」
 
 
 
 
なんというタイミング

 
 
 
 
くぅをおばあちゃんに渡した後、
ティーを迎えに行きました。
 
 
 
 
使わないタオルとドライヤーを
持って行って、
シャンプーをして帰宅。
 
 
 
 
 
 
 
 
実は今年の1月に
13年連れ添った
相棒のダンボが旅立ちました。
(その時のことは、また書きます)
 
 
 
 
 
ひとりぼっちになり、
飼い主も不在で
とても寂しかったと思います…。
 
 
 
 
ティーもなんだか老けたなーと。
 
 
 
 
ショコラとティーは
数年ぶりの再会でしたが、
いつも通りショコラが大興奮!
 
 
 
 
 
でも、すぐに打ち解けて
仲良くしています。
 
 
 
 
 
くぅちゃんとは
いつも微妙な距離があったのに
同じダックスだからなのか
雄と雌だからなのか、
 
 
 
 
不思議。
 
 
 
 
昔から寂しがりやで
甘えん坊のティーは、
一日中私の後をついてきて
姿が見えないと遠吠えをするので
 
 
 
 
最初の一週間は、外出するにも
いつも車に乗せて出掛けていました。
 
 
 
 
車の中でも吠えまくっていましたが(*_*)
 
 
 
 
今は落ち着いて
ショコラとお留守していてくれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティーは歯槽膿漏がひどいのと
目の状態があまり良くないので
 
 
 
 
またまた動物病院二軒へ
相談しに行ってきました。
 
 
 
 
病院やだよー!
 
 
 
 
 
ティーちゃん大好きなので、
久しぶりに過ごせる日々を
楽しみます
 
 
 
 
 
 
 
Megu
 

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加中!




★再会★

72e25681.jpg

 
 
 
 
先日、おばあちゃんが無事に退院し
くぅちゃんも
おばあちゃんの元へ
帰ることができました。
 
 
 
歩けないと言われていましたが、
おばあちゃんは装具もなしで
歩いていました( ゜д゜)
 
 
 
あまり動かないようにと
言われてるのに、
動き過ぎて早速足が腫れたそうです。
 
 
 
さすがおばあちゃん!
 
 
 
家の中が手すりだらけになってましたが、
また歩けるようになって
本当に良かったです。
 
 
 
くぅちゃんも大喜びで
おばあちゃんの介護ベッドの上で
一緒に寝てました。
 
 
 
心配だったご飯も
おばあちゃんがあげたら
ペロリとたいらげたらしく、
私があんなに苦労した日々は一体(笑)
 
 
 
 
今回は不慮の事故で
おばあちゃんとくぅちゃんは
離れ離れになってしまいましたが、
 
 
お互いにとって良い事もあったと
私は思っています。
  
 
 
なぜなら、おばあちゃんと
くぅちゃんはお互いに
依存し過ぎていて
 
 
 
おばあちゃんは可愛がるあまり
くぅちゃんをカンガルーのように
常に服の中に入れていました。
 
 
 
くぅちゃん自身も歩こうとせずに
すぐに抱っこをせがんでいました。
 
 
 
二人は一日中べったりで、
おばあちゃんはくぅちゃんが
可哀想だからと
外出も嫌がるようになっていました。
 
 
 
おばあちゃんが怪我をする前に
久しぶりにくぅちゃんと再会した時、
私は衝撃を受けました。
 
 
 
 
くぅちゃんが
歩けなくなっていたのです!
 
  
 
 
元々ガニ股で丈夫ではなかったと
思うのですが、
見た目もなんだか急に
老けた印象を受けました。
 
 
  
 
おばあちゃんが以前から動物病院に
頻繁に通っていて
お金が掛かってしょうがないと
言っているのは知っていましたが、
 
 
 
まだ10歳なのにこんなに
衰えてしまうのかと
切なくなりました。
 
 
 
 
飲んでいた薬も
関節の薬とお腹の薬2種類の
合計3種類でした。
 
 
 
 
ところが私が預かることになって
動物病院を二軒と
信頼しているトリマーさんに
相談したところ
 
 
 
薬は最低一種類でいい。 
たくさん歩かせて
筋肉を付けた方がいい!
 
 
 
 
という結論になりました。
 
 
 
 
私はくぅちゃんだけを
抱っこなどできないので、
抱っこの要求は無視。
 
 
 
 
家の中でなるべく歩かせて
散歩にもたくさん連れて行きました。
 
 
 
 
その結果、
くぅちゃんは歩くのが速くなり
走れるようにもなりました。
 
 
 
散歩に連れて行くと
表情も輝いていました。
 
 
 
↑公園で子どもたちに
大人気でした
 
 
 
 
更に、きちんと食事療法食を
食べていれば
薬を全く飲まなくても
下痢をしなくなりました。
 
 
 
 
低分子プロテイン
 
  
 
アミノペプチドフォーミュラ
 
 
↑かなりお高いです(T_T)
 
 
 
 
 
よって、病院に通う
必要がなくなったのです。
 
 
 
先生からは、ずっと薬を飲んでいると
肝臓が悪くなると言われたので
ホッとしました。
 
 
 
おばあちゃんの思い込みや
依存も少し改善され
お互いリハビリだったね!と
おばあちゃんに話しました。
 
 
 
 
くぅちゃん
これからも元気で長生きしてね
 
 
 
3ヶ月も一緒にいたから
ちょっと寂しいな。
 
 
 
 
Megu
 
 

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加中!




改★くぅちゃんようこそ★3

1432e00f.jpg

 
 
 
※昨日投稿した記事が途中で切れてました。
読んでくれた方すみません
 
 
 
 
 
 
 
祖母の生き甲斐であるくぅちゃんが
王国にやってきましたU・x・U
 
 
 
数ヶ月前の出来事。
 
 
 
母から「ばあばが転んで足が腫れてる!
痛くて歩けないみたいだから骨折したかも!」
 
と、いう電話がありました。
 
 
 
えーまさか
 
 
 
数時間後…
足首を粉砕骨折ということが判明。
 
 
 
 
85歳の私のおばあちゃん。
 
いつも元気で病気になったことは一度もなく、毎日階段の上り下りや
家事も全てこなしていました。
 
 

 
それが突然の骨折。
そして入院。
 

 
そこから家族全員の
バタバタ生活が始まりました。
 
 
 
くぅちゃんと離れたくないから
入院したくないという祖母を、
責任持って面倒を見るから大丈夫と
説得してくぅちゃんは我が家へ。
 

 
仕事帰りに家族が交代で
おばあちゃんのお見舞いへ。

 
病院から何度も呼ばれて
家族みんなで病院へ。
 

 
もう元のようには歩けないと
先生に言われたので、
自宅のバリアフリー工事をすることになり
ケアマネージャーさんや
業者とその打ち合わせ。
 

 
介護認定が下りるまで工事ができないのに、
認定員が来るまでに一ヶ月待ち。
 
 
 
病院からは早く出てほしい、
工事が終わるまでは施設に
行って欲しいと言われてしまい、
家族としては施設には入れたくないので
困ってしまいました。
 
 
 
だって、くぅちゃんに一日でも早く
会いたくてリハビリを頑張ってるのに
次は施設だなんて…
私だったら心が折れちゃう。
 

 
過労で母が倒れそうになっています。
心配(´;Д;`)
 
 
 
私はと言うと、 
 
くぅちゃんは私に懐いているので
大丈夫だと思って連れて来たのですが、
うちにいる問題児がやきもちを妬いて
毎日ケンカ。
 
 
 
くぅちゃんもショコラも
ストレスからかトイレをお粗相。
キリがないので
2匹共オムツにしました(笑)
 
 

 
気が強い甘えん坊くぅちゃんは、
私の膝の上を占領し
近付くショコラや猫たちを威嚇します。
 
 
 
慌てて逃げるオセロと
ビビりながらも近寄ってくるノエル。
 
 
 
おいおい!
君はここでは新入りなんだよ(笑)
 
 
 
 
くぅちゃんは
突発性大腸炎という病気を抱えているため
病院から処方されるフードを与えて
薬も飲ませないといけないのですが、
 

 
おばあちゃんが入院した途端
ご飯は食べないし
薬も吐き出してしまいました。
 
 
 
食べないと下痢をしてしまうので、
動物病院に電話してアドバイスをもらったり、
違うフードを出してもらったり。
それでも食べない日が続いた時は
本当に困り果ててしまって…。
 
 
 
 
 
 
↑連れて帰った初日。全く食べませんでした。
 
 
 
 
 
そんな感じでドタバタの毎日。

 
今はだいぶみんな慣れてきて
くぅちゃんにご飯を食べさせる技も
わかってきました。
 
 
 
 
 
家族が入院するとこんなに
全員の生活が狂ってしまうんですね。
 
 
 
「わたしゃ若い頃、
毎日兄弟を背負って山登りをしていたから
足は丈夫なんだよ。」
 
 
と、いつも自慢していたおばあちゃん。
 
 
また元通りに歩けるようになりますように。
 
 
早くまた、
くぅちゃんとおばあちゃんが
一緒に暮らせますように。
 
 
それまでくぅちゃんの面倒は
しっかり見るからね
 

 
あと少し頑張ろう
 
 
 
 
 
Megu
 
 
 
 
 
 
 

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加中!




♥ブログ内検索
♥入国者数
  • 累計:

♥めぐニャンについて
♥王国をフォローする
♥QRコード
QRコード
♥楽天
  • ライブドアブログ